FC2ブログ
 

白大豆と秘伝豆の生育状況、花が可愛い~

mame_nae.jpg

6月10日にまいた秘伝豆と里のほほえみ大豆が1週間ほどで芽を出しました小さいうちはどっちかわかりません

mame_sato.jpg
8月に入り大きくなって綺麗な花が咲きました(*^^)v白い小さな花が『 里のほほえみ大豆 』です!

mame_hiden.jpg
薄紫の小さな花が『 秘伝豆 』です!小さくかわいい花ですね

今月末には枝豆として生を茹でて食味テストを行い(のおつまみで最高なので(*´з`))です。
10月末頃に収穫し乾燥調整後に白大豆『 里のほほえみ大豆とシュウリュウ大豆 』の新物は11月初旬~中旬からの新物での販売開始となります。また、秘伝豆は1月ころからの販売予定となります。

今年もおたまやの味噌キットやこだわりの材料で美味しいお味噌を作って下さい(*^^*)

(株)こうじカンパニーで麹菌をまもなくリリース予定です。

tane_koji_img_12.jpg

こんにちはっです!久々のブログアップになります。中々出来なくてすみません
今回はおたまやで製造した麹菌(種麹)を関連会社の『 こうじカンパニー 』ブランドで新発売予定です♪一般のお客様がこうじを失敗なく手作り出来るように、また使い易いボトル入りor計量スプーン付きなどを3種類リリース予定です(*^^*)

乞うご期待下さい

tane_koji_img_9.jpg

おたまや koji 麹 風呂敷プレゼント!

koji_furoshiki_2.jpg  koji_furoshiki.jpg


この度、当店専用のオリジナル風呂敷が出来上がりました。ビッグサイズの900×900(*^^)v
シンプルデザインで色んな用途で使用できそうです♪

期間及び数量限定 20,000円以上ご購入のお客さまへプレゼント致します!
最高の品質で地元の老舗 山形屋染め物店で一枚一枚丹精込めて出来た製品です

風呂敷のほかテーブルクロスやパソコンの上掛けなどでご使用下さい(*^^*)

GABA(ギャバ)、モナコリンkが入った紅麹甘酒、紅い甘酒(紅テイン)と白い甘酒(米テイン)の新発売!!

benitain_7.jpg

紅テインは商標も含め約2年の期間を経て、ようやくベールを脱ぎます♪紅麹を主原料で製造した。『紅テイン』赤い甘酒がようやく完成です(^^♪

ベニテインは紅麹のプロテインと称し、大豆系のホエイ、アミノプロテインとは異なり、クエン酸を形成する麹菌で培養して出来た米麹(若干の酸味がある)を使用する事で、しなやかな筋肉?柔らかい体を作る事を目的として出来た製品です。

また、GABA(ギャバ)とモナコリンkを含有する紅麹09(ゼロキュウ)と05(ゼロゴ)をふんだんに使うことで、コレステロールの合成を減らす働きがあり、脂質異常症の予防に期待が持てる物質です。
現在、紅テイン。商標登録申請中

kometain_8.jpg

こちらは白い甘酒 米テイン。。お米(麹)から出来たプロテインです。赤い甘酒と同じ製法ですが、紅麹を使用せず。クエン酸形成白酸麹ともち米だけで出来ています。
米テイン(コメテイン)はおたまやの登録商標です。

上記の2品は必須アミノ酸、ビタミンB、ブドウ糖、クエン酸を多く含みます。美味しくて♪体に良いから是非ご賞味あれ(*^^*)

おからパウダーの生産が追いつきません!


okara_img16.jpg 

TV放映があり、おからに含む食物繊維がダイエットに良いと。。さらに乾燥粉末して凝縮したパウダーは
お料理やお菓子作りなど、何にでもササっと加える事が出来て便利で扱い易い。 

何といっても『食物繊維が凝縮してる』てなことでTV放映があり、空前のおからパウダーブームで乾燥粉末事業が大変なことに・・・
連日、地元のお豆腐屋さんから生おからを仕入れさせて頂き、しぼりたての酵素が元気で温かいうちに乾燥粉末していま〰す(^-^;
 原料の確保で、高校の同級生が社長している豆腐屋さんだったのでかなり融通きかせてもらって本当に助かりました!! 今度、飲み代でもおごんなんねんねべが。。。。(2人とも舌はあんまし越でねーがら、モン○○○ザ系列のそこそこ安いどこで良いべ)(>_<) 

でもほんと、米麹の繁忙期前でよかったーって感じです。米麹のピーク時だったらこなせなかったです♪ 

P1040247.jpg
※大人気のおしゃれで扱い易いおからパウダー350g入り ブリキ大 ボトル入り



«  | HOME |  »

過去ログ
 | 2019年08月(1) | 
 | 2019年06月(1) | 
 | 2019年01月(1) | 
 | 2018年10月(1) | 
 | 2018年09月(1) | 
 | 2018年06月(1) | 
 | 2018年05月(1) | 
 | 2018年03月(1) | 
 | 2018年01月(1) | 
 | 2017年12月(1) | 
 | 2017年10月(1) | 
 | 2017年09月(1) | 
 | 2017年07月(1) | 
 | 2017年06月(1) | 
 | 2017年04月(1) | 
 | 2017年01月(1) | 
 | 2016年11月(1) | 
 | 2016年10月(1) | 
 | 2016年08月(1) | 
 | 2016年06月(1) | 
 | 2016年05月(1) | 
 | 2016年03月(1) | 
 | 2016年01月(2) | 
 | 2015年11月(1) | 
 | 2015年09月(1) | 
 | 2015年08月(1) | 
 | 2015年07月(1) | 
 | 2015年05月(1) | 
 | 2015年04月(1) | 
 | 2015年03月(1) | 
 | 2015年01月(1) | 
 | 2014年12月(1) | 
 | 2014年10月(1) | 
 | 2014年09月(1) | 
 | 2014年07月(1) | 
 | 2014年06月(1) | 
 | 2014年05月(1) | 
 | 2014年04月(1) | 
 | 2014年02月(1) | 
 | 2014年01月(1) | 
 | 2013年12月(1) | 
 | 2013年11月(1) | 
 | 2013年09月(2) | 
 | 2013年07月(2) | 
 | 2013年04月(1) | 
 | 2013年02月(1) | 
 | 2013年01月(1) | 
 | 2012年11月(1) | 
 | 2012年10月(1) | 
 | 2012年09月(1) | 
 | 2012年06月(1) | 
 | 2012年05月(1) | 
 | 2012年03月(1) | 
 | 2012年02月(1) | 
 | 2012年01月(1) | 
 | 2011年11月(1) | 
 | 2011年10月(1) | 
 | 2011年09月(1) | 
 | 2011年08月(2) | 
 | 2011年07月(1) | 
 | 2011年06月(1) | 
 | 2011年05月(1) | 
 | 2011年04月(1) | 
 | 2011年03月(2) | 
 | 2011年01月(2) | 
 | 2010年12月(2) | 
 | 2010年11月(1) | 
 | 2010年10月(2) | 
 | 2010年09月(1) | 
 | 2010年08月(1) | 
 | 2010年07月(1) | 
 | 2010年06月(2) | 
 | 2010年05月(1) | 
 | 2010年04月(1) | 
 | 2010年03月(1) | 
 | 2010年02月(1) | 
 | 2010年01月(1) | 
 | 2009年12月(1) | 
 | 2009年11月(1) | 
 | 2009年10月(1) | 
 | 2009年09月(1) | 
 | 2009年08月(1) | 
 | 2009年07月(2) | 
 | 2009年06月(1) | 
 | 2009年05月(1) | 
 | 2009年04月(1) | 
 | 2009年03月(1) | 
 | 2009年02月(1) | 
 | 2009年01月(1) | 
 | 2008年12月(1) | 
 | 2008年11月(1) | 
 | 2008年10月(1) | 
 | 2008年09月(1) | 
 | 2008年08月(1) | 
 | 2008年07月(1) | 
 | 2008年06月(1) | 
 | 2008年05月(1) | 
 | 2008年04月(1) | 
 | 2008年03月(1) | 
 | 2008年02月(2) | 
 | 2008年01月(1) | 
 | 2007年12月(1) | 
 | 2007年11月(1) | 
 | 2007年10月(1) | 
 | 2007年09月(2) | 
 | 2007年05月(1) | 
 | 2007年04月(1) | 
 | 2007年03月(1) | 
 | 2007年02月(2) | 
 | 2006年12月(1) | 
 | 2006年11月(1) | 
 | 2006年10月(1) | 
 | 2006年09月(2) | 
 | 2006年08月(1) | 
 | 2006年06月(4) | 
 | 2006年05月(7) | 
カテゴリー
お知らせ[139]